VG10 クラウン・エイト







発売期間 1964(昭和39)年4月20日―1967(昭和42)年7月

2代目クラウンRS40系のボディを前後左右に延長・拡幅したもので、デザインはクラウンと変わらないが 形式がVG10と、全く区別されていた。ワイパーの駆動方式がクラウンはパラレル方式だがエイトは対向式であり、 VG35センチュリーまで同じ構造だった。

全長 4,720mm
全幅 1,845mm
トレッド前/後 1,520mm/1,540mm
ホイールベース 2,740mm

トヨグライド(2速AT)と4速MT(Aタイプ)がある。

前身4段 オールシンクロ トランスミッション
変速比
1速 3.673
2速 2.114
3速 1.403
4速 1.000
後退 4.183
操作方式はリモートコントロール及びフロアシフトの2種類。




エンジンはV8、2.6リッター。
78mm×68mm、2,599cc、圧縮比9.0、115PS/5,000rpm、20mkg/3,000rpm。




ホイールキャップ








丸テールは後期型。




クラウン同様、丸型のフェンダーミラー。バイザーはおそらくOP品。




セミセパレートシート。




ベンチシート。




運転席〜ダッシュボード。


ホームへ戻る