VG40(中期) センチュリー


発売期間 1987(昭和62)年9月―1992(平成4)年11月(中期)

1987(昭和62)年9月、マイナーチェンジ。これ以降が一般的にVG40系の中期と呼ばれているものです。


ヘッドライト、グリルのデザイン変更、フェンダーマーカーの大型化など。




テールランプのスモーク化、ガーニッシュのTOYOTAロゴカラーの変更など。
右が前期、左が中期以降。



ホイールキャップのデザイン変更。




ステアリング、エアコン操作パネル周辺等のデザインが変わり、木目調パネルは本木目を採用。


1989(平成1)年11月、VG40センチュリーEタイプをベースにしたVG40改リムジン登場。


詳細はセンチュリー・リムジンを参照。


1990(平成2)年9月、マイナーチェンジ。




ホイールベース(後席空間)を150mm延長したLタイプ(VG45)が登場。
同時にVG40-GESQE(Dタイプコラム車)は廃止。
リムジンはこれよりVG45をベースとし、VG45改となる。



主要諸元(※1991(平成3)年4月現在)
車種 Dタイプ Eタイプ Lタイプ
型式 E-VG40-GEPGE E-VG40-GESQE E-VG40-GEPQE E-VG45-GESQE E-VG45-GEPQE
シフトタイプ フロアシフト車 コラムシフト車 フロアシフト車 コラムシフト車 フロアシフト車
■寸  法
全長(mm) 5,120 5,270
全幅(mm) 1,890
全高(mm) 1,450 1,430
ホイールベース(mm) 2,860 3,010
トレッド(前)(mm) 1,550
    (後)(mm) 1,555
最低地上高(mm) 165 155
室内長(mm) 1,940 2,090
室内幅(mm) 1,545
室内高(mm) 1,110
■車両重量・定員
車両重量(kg) 1,800
(4輪ABS装着車は1,810)
1,840 1,890
車両総重量(kg) 2,075
(4輪ABS装着車は1,085)
2,170 2,115 2,220 2,165
乗車定員(人) 5 6 5 6 5
■性  能
最小回転半径(m) 5.7 5.9
60km/h定地走行燃費
(運輸省届出値) km/L
11.8
10モード燃費
(運輸省審査値) km/L
6.1
■エンジン
型式 5V-EU
内径×行程(mm×mm) 87×84
総排気量(cc) 3,994
圧縮比 8.6
最高出力(PS/rpm) ネット165/4,400
最大トルク(kg-m/rpm) 29.5/3,600
燃料供給装置 EFI
燃料タンク容量(L) 95
■動力伝達装置
変速比第1速 2.804
   第2速 1.531
   第3速 1.000
   第4速 0.753
   後退 2.393
最終減速比 3.583
ステアリング形式 ボールナット式(車速・舵角感応型パワーステアリング)
ステアリング歯車比 19.0
主ブレーキ 油圧真空倍力装置付4輪ベンチレーテッドディスク
サスペンション(前) マクファーソンストラット型コイルばね式(スタビライザー付)
       (後) ラテラルロッド付4リンクコイルばね式(スタビライザー付)
タイヤ(前・後) 205/70R14 93S



塗色名 カラーNo.
富士 クリスタルパールマイカ
044
大和 イリュージョングレーマイカ
171
神威 エターナルブラック
202
飛鳥 インペリアルマルーンマイカ
3H6
摩周 シリーンブルーマイカ
8E7


ホームへ戻る